リフォームや修繕に関する情報まとめ

家の象徴、玄関について

玄関ポーチのタイル貼りについて

玄関ポーチにタイルを貼るのにかかる施工費用は、約1万5千円が相場です。
平方メートルあたり、選ぶタイルの種類によりますが、だいたい約500から1000円の施工費用がかかります。
なので例えば、10平方メートルあたりのタイル施工費用は、1万5000円の10倍なので、約15万円かかります。
それプラス、基礎施工費用として約3万円かかります。
なので、合計約20万円かかる事となるでしょう。
だいたいの相場が約20万円なので、そこに色々とオプションをプラスすると、さらに高くなる事でしょう。
タイルの貼り変えリフォームを考えるときは、どんな素材のタイルを使うのか、素材によって価格がずいぶん変わってくるので、色々な素材をよく比較して、自分の予算にあったリフォームが出来るように、しっかりおさえておきましょう。

玄関ポーチにパーツを取り付ける

玄関ポーチには、移動をスムーズにする手すりや階段などのパーツを取り付けることが出来ます。
バリアフリーの事を考えると、手すりをつける事をまず思い浮かべます。
手すりの工事費用の相場は、コンクリート基礎工事費用約1万円、支柱設置費用一箇所に付き約2万円、手すり組み立て費用約1万円かかります。
それプラス、商品価格が入るので、長さ2400ミリメートルの手すりだと、商品価格約10万円です。
なので、全部合計すると、約15万円かかる事となります。
スロープの設置費用は、約20から30万円。
スロープ用手すりの取り付け費用、約6から10万円。
合計約30万円から40万円かかります。
逆に、階段を取り付けるのにかかる費用は、階段取り付け費用、約10万円から20万円。
随時手すりの取り付け費用も発生するので、そちらが約3万円から5万円です。